Bright!FRONTEO Official Blog

Bright!FRONTEO Official Blog

【12/22開催ウェビナー】AIを用いた新たな論文探索 ~創薬プロセスを抜本的に変革~

年々増え続ける膨大な情報をタイムリーに捕捉するための情報収集作業に、研究者は多大な時間と労力を費やしています。また、基礎研究から臨床試験に到達する確率は3,000~5,000分の1、研究期間は5~8年もの年月がかかると言われており、1つの成果を得るために費やす膨大な時間と労力が、創薬研究の大きな課題となっています。
PubMedに掲載された膨大な論文情報から検索したい情報を一瞬にして抽出・分類し、位置情報として表示できる論文探索AIシステム「Amanogawa」を紹介いたします。

 


【開催概要】

◆テーマ:AIを用いた新たな論文探索 ~創薬プロセスを抜本的に変革~
◆日時:2021年12月22日(水)17:00~17:30
◆こんな方にオススメ!
・製薬会社やアカデミアにお勤めの方
・論文検索を効率化したい方
・創薬研究に携わられている方
・AIを用いたソリューションにご関心のある方
 
セミナーの詳細はこちら
 

 
登壇者

大角 知也(株式会社FRONTEO ライフサイエンスAI事業本部 医療DXチーム 部長)
 
2006年にIQVIAへ入社後、営業職(MR)を経て、Project Manager、Group Manager、新規事業開発責任者に就任。オンコロジー領域を中心にマーケティング、トレーニング、コンサルティング、メディカル関連のプロジェクトを担当。オンコロジーMRやMSL、看護師(Clinical Educator)等の新規事業の立上げや組織改革に携わる。2019年より患者サポートプログラムの新規事業開発責任者として患者さん向けの新規サービスを立ち上げる。
2020年に早稲田大学ビジネススクールで経営学修士号(MBA)を取得。在学中に医療用医薬品の臨床開発に関する定量的研究を行い修士論文を執筆。
2021年にFRONTEOに参画し、ライフサイエンスAI事業本部の医療DXチームの責任者に就任。AI活用により、医療課題の解決に挑む。 
 

同じカテゴリの記事

よく見られている記事

ja 日本語
Machine Translation by Google. : close x