Corporate Information企業情報

FRONTEOは、自然言語処理に特化したデータ解析企業です。独自に開発した人工知能(AI)エンジン「KIBIT」と「Concept Encoder」を用いて、情報解析を支援しています。
「データ解析技術の未熟さにより、訴訟に必要な情報が見つからず窮地に立たされる企業を守りたい」という信念のもと2003年に創業して以来、国際訴訟で必要な、証拠となる電子データの保全と調査・分析を行う「eディスカバリ(電子証拠開示)」や、「デジタルフォレンジック調査」というリーガルテック事業をメインに展開してきました。
また、リーガルテック事業で培ったAI技術をもとに、2014年より金融、知財、人事、医療分野へと事業のフィールドを拡大し、膨大な量のテキストデータの中から意味のある重要なデータを検出することで、業務負担を軽減し、業務の効率化を実現しています。

概況

商号株式会社 FRONTEO
FRONTEO, Inc.
設立2003年8月8日
本社所在地東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル7階(受付8階)
代表取締役社長守本 正宏
資本金2,559,206千円(2019年3月31日時点)
売上高11,262,070千円(2019年3月31日時点)
上場証券取引所
  • 東京証券取引所マザーズ(証券コード:2158)
  • 米国ナスダック(ティッカーシンボル:FTEO)
主要取引先官公庁(法執行機関、各種監視委員会)、国内外法律事務所、
民間企業(自動車・機械・精密機器・電機・製薬・石油化学・情報通信・商社など)、医療機関
事業内容
  • リーガルテックAI事業別ウィンドウで開きます:人工知能とデジタルフォレンジック技術を活用したeディスカバリ(電子証拠開示)、不正調査支援
  • AIソリューション事業別ウィンドウで開きます:人工知能KIBITを活用したソリューションで、業務の生産性向上やビジネスの成功につながる経営判断をサポート
  • ヘルスケア事業別ウィンドウで開きます:医療・介護の現場に存在する様々な構造化・非構造化データの横断的解析と、それに向けた人工知能(AI)の研究開発
子会社
代表電話番号03-5463-6344

数字で見るFRONTEO(2019年9月現在)