Bright!FRONTEO Official Blog

Bright!FRONTEO Official Blog

【6/8開催ウェビナー】最新の米国司法省(DOJ)の企業の取り締まりの方針と日本企業への影響について

【Davis Polk & Wardwell LLP / FRONTEO共催オンラインセミナー】

元米国司法省高官であるDavis PolkのDaniel Kahn弁護士が、企業の取り締まりに関する最新のガイダンスと日本企業への影響について、企業が行うべきコンプライアンスプログラムの強化も含めて解説します。

 
 

【開催概要】

◆日時:2023年6月8日(木)9:30 ~ 10:30
◆形式:無料Webセミナー
◆利用ツール:Zoom Webinar
 
セミナーの詳細はこちら
 

◆登壇者:
 
 
Davis Polk & Wardwell LLP
Partner Daniel S. Kahn

Daniel弁護士は政府による強制捜査、内部調査、コンプライアンス問題において、数多くの企業や個人の代理人として活躍しています。司法省で11年間、上級職を務めた経歴もあります。
ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、司法省の「海外腐敗行為防止法に関する最も有名な専門家」と評しています。司法省では刑事部副司法長官代理、詐欺部門の課長、FCPAユニットチーフを務め、FCPA、マネーロンダリング、デジタル通貨、コモディティ、証券、ヘルスケア、調達詐欺に関わる案件を監督していました。
FCPA、企業執行、コンプライアンス、モニターに関する執行方針の策定において、司法省で中心的な役割も果たし、世界各国の当局と協力して多くの事件を評決に導きました。
企業犯罪捜査に関する論文を共同執筆し、ハーバード・ロー・スクールで企業犯罪捜査について、ジョージタウン大学ロー・センターでグローバル反汚職について教えています。

この記事をシェアする
この記事をシェアする

同じカテゴリの記事

【8/5開催オンラインセミナー】独占禁止法上のカルテル・談合事件に関するコンプライアンス対応 -2024年の最新事例を総ざらい-

【8/6開催オンラインセミナー】【内部通報制度】実効性ある不正検知システムにするための具体策

【8/28第16回勉強会不正対策勉強会】元プレジデント編集長が教える 「セクハラ・パワハラ」をなくし「カスハラ」と闘う方法

【8/8開催オンラインセミナー】【法務担当者・コンプライアンス担当者様必見】業務効率化とリスク軽減を両立するツール活用術 ~反社チェック・入退社AI活用・コンプライアンス案件管理~

【8/30 第33回経済安全保障勉強会】日本における技術流出の実態とその対策

【7/29開催オンラインセミナー】法務・総務・企画部門のリーダー層が押さえておくべき独禁法実務の勘所

【8/1開催 情報セキュリティ大学院大学セキュアシステム研究所(SSL) / 株式会社FRONTEO 共同研究会】米国訴訟におけるディスカバリの基礎と日本へのリスク

【7/25開催リアルセミナー】近時における企業不祥事のトレンドと過去事例から振り返る効果的な未然防止体制

【7/23開催オンラインセミナー】企業不祥事・有事対応の実務 ―経営者不正、会計不正、品質・検査不正のケーススタディ―