Bright!FRONTEO Official Blog

Bright!FRONTEO Official Blog

【3/23開催】複雑な遺伝子・分子間の関連性を可視化・構造化する AIプログラム「Cascade Eye」の新機能紹介

膨大な医学論文(非構造化情報)をベースに、分析対象としたい疾患に関連する分子や遺伝子の情報をパスウェイマップ(関連性を表す経路図)状に可視化・構造化できるAIプログラム「Cascade Eye」の新機能をご紹介いたします。

「Cascade Eye」は複雑な遺伝子・分子間の関連性を可視化し、論文検索では気が付きにくい新たな作用メカニズムや適応症の発見にお役立ていただけるAIプログラムとなっております。

アジェンダ
①FRONTEO のAIソリューション全般
②創薬の現状
③Cascade Eyeの紹介
④Cascade Eyeの新機能の紹介


【開催概要】

◆テーマ:複雑な遺伝子・分子間の関連性を可視化・構造化する AIプログラム「Cascade Eye」の新機能紹介
◆日時:2022年3月23日(水)17:00~17:30
◆アジェンダ
①FRONTEO のAIソリューション全般
②創薬の現状
③Cascade Eyeの紹介
④Cascade Eyeの新機能の紹介
◆こんな方にオススメ!
・製薬会社にお勤めの方
・創薬プロセスをAIで効率化とお考えの方
・創薬研究にかかわる方
◆参加条件
フリーアドレスをご利用の方・弊社の同業者の方、ご所属先が不明な方のお申し込み等はご遠慮いただいております。当日ZOOMにアクセスする際にはお申込時に記載した氏名・メールアドレスをZOOM参加入力欄へ記載をお願いいたします。
 
セミナーの詳細はこちら
 

 
登壇者
 
株式会社FRONTEO ライフサイエンスAI事業本部 医療DXチーム 部長
大角 知也
 
2006年にIQVIAへ入社後、営業職(MR)を経て、Project Manager、Group Manager、新規事業開発責任者に就任。オンコロジー領域を中心にマーケティング、トレーニング、コンサルティング、メディカル関連のプロジェクトを担当。オンコロジーMRやMSL、看護師(Clinical Educator)等の新規事業の立上げや組織改革に携わる。2019年より患者サポートプログラムの新規事業開発責任者として患者さん向けの新規サービスを立ち上げる。2020年に早稲田大学ビジネススクールで経営学修士号(MBA)を取得。在学中に医療用医薬品の臨床開発に関する定量的研究を行い修士論文を執筆。
2021年にFRONTEOに参画し、ライフサイエンスAI事業本部の医療DXチームの責任者に就任。AI活用により、医療課題の解決に挑む。

同じカテゴリの記事

よく見られている記事

ja 日本語
Machine Translation by Google. : close x