Bright!FRONTEO Official Blog

Bright!FRONTEO Official Blog

【6/3開催ウェビナー】効果的なインシデント・レスポンス体制の構築とサイバー攻撃の発生に備えた対応

サイバーセキュリティ保険を提供するAIG 損害保険とデジタルフォレンジックサービスを長年提供している FRONTEOが、企業を取り巻く身近なサイバーインシデントやリスクへの対応策を事例とともに解説いたします。サイバーインシデントの疑いが表面化すると企業は原因究明や被害の把握などのインシデント対応に追われ、多大な時間とコストを費やします。
デジタルフォレンジックの調査手法やインシデントレスポンス体制について解説するとともに、サイバーインシデントリスクをコントロールするためのサイバー保険や、インシデント対応に詳しい保険会社の活用法などについて、それぞれの分野でお客様を実際にご支援させていただいている両社よりご紹介いたします。
 

 


【開催概要】

◆タイトル:効果的なインシデント・レスポンス体制の構築とサイバー攻撃の発生に備えた対応
◆日時:2021年6月3日(木)10:00 ~ 11:00
◆アジェンダ:
〈セッション1〉株式会社FRONTEO
『 情報漏えい事案のフォレンジック調査事例 』
情報漏えい事案には大きく分けて2 つのケースがあります。1つは外部からの不正アクセスにより組織内に侵入され、情報漏えいにいたる事案であり、もう1つは組織内部の不正者により情報が意図的に持ち出される事案です。

FRONTEO がこれまでに行った2つのケースのフォレンジック調査事例を元に最新の調査手法や組織が持つべきインシデントレスポンス体制に関してご説明いたします。

〈セッション2〉AIG損害保険株式会社
『 フォレンジックの費用などを補償するサイバー保険の説明 』
サイバーインシデントが発生した際に、もし個人情報や機密情報漏洩のおそれがある場合、企業は速やかに原因究明や被害者対応が求められます。それらの対応が不適切であった場合は損害賠償請求を受ける可能性があるなか、リスクの移転方法としてサイバー保険の活用が考えられます。
サイバー保険の概要や、 AIG の保険引き受けスタンスについてご説明いたします。

『 サイバー保険のインシデント対応について 』
万が一の事故の際に保険金の支払を受ける、という一般的な損害保険とは異なり、サイバー保険は、万が一のサイバーインシデントに備えて保険会社のネットワークを買う、という動機でご加入されるお客様が多いのが特徴です。このパートでは、お客様のサイバー保険の加入動機、選択基準の一つとなる、弊社のインシデント体制についてご紹介いたします。

〈セッション3〉
『 AIG 損害保険 × FRONTEO パネルディスカッション 』

ウェビナーの詳細はこちら
 

 
登壇者
 
株式会社FRONTEO 執行役員 野﨑 周作
 
デジタルフォレンジックを活用した内部不正調査・監査に関する豊富な知識と経験をもとに、リーガルビジネス全体のオペレーションを中心としたアドバイザリー業務に従事するほか、クレジットカード情報漏洩調査の専門会社P.C.F. FRONTEO(FRONTEOの子会社)の社長を兼任。民間企業および法執行機関向けにデジタルフォレンジックのトレーニングを実施し、多数の調査員を育成するなど、業界発展に寄与する活動も実施。
 ・東京電機大学国際化サイバーセキュリティ学特別コース(CySec)外部講師
 ・公認不正検査士(CFE)
 ・EnCase Certified Examiner (EnCE)
 


 

AIG損害保険株式会社 
大企業・中堅企業セグメント保険部門 経営保険部 シニアアンダーライター 平山 潤
 
2000年2月にAIU保険会社に入社。2007年より経営保険部所属。ハラスメントや解雇など雇用リスクの保険や情報漏洩保険などの商品開発を担当する。現在は会社役員賠償責任保険やサイバー保険の引受業務(アンダーライティング)を手がける。
 

 

AIG損害保険株式会社 
企業損害サービス本部 ファイナンシャルSC 兼 グローバルSC センター長 堤 浩介
 
2007年AIU損害保険株式会社(現AIG損害保険株式会社)に入社以降、企業賠償保険分野を中心に、国内・海外における保険事故の査定・損害サービス業務に従事し、2019年4月より現職。会社役員賠償責任保険(D&O保険)、サイバー保険、雇用慣行賠償責任保険、海外PL保険などを専門に担当。
 

同じカテゴリの記事

よく見られている記事

ja 日本語
Machine Translation by Google. : close x