Bright!FRONTEO Official Blog

Bright!FRONTEO Official Blog

【社会貢献活動の紹介】高校生が企業研究のため来社

今、 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、人の行き来が控えられています。FRONTEOも8割を超える社員がリモートワークで業務を行っていますが、社内にゲストをお迎えできる状況となるのを待ち遠しく思います。

今回は2019年12月の、高校生による企業訪問の様子を紹介します。

来社したのは、中央大学杉並高校の高校3年生(当時)4名です。「日経STOCKリーグ」という、投資のために企業研究を行ってレポートをまとめるコンテストに参加していて、研究対象の1社として、FRONTEOを選んでくれました。

生徒の皆さんからは、AIで何ができるのか?といった基本的な質問が寄せられたほか、AIが社会で使われていくには、どのようにすればよいかといったディスカッションも行いました。また、FRONTEO社員の働き方、女性の活躍や福利厚生、イクメン社員の有無など、地に足のついた質問も沢山いただき、企業の価値を多角的に研究されている様子が伺えました。訪問の様子や弊社の取り組みは、レポートにしっかりまとめていただいたとのことです。

企業訪問中の中央大学杉並高校の皆さん

人工知能The Painting Foolが描いた“AIの父”アラン・チューリングの絵を紹介

来社してくれた皆さんも4月からは大学生になり、大変な状況の中でも、新たなスタートを切られています。

FRONTEOでは、AIに関する様々な開発や運用の拠点を社内に有しています。再び外部の方に来社していただける日が来ることを、心待ちにしています。

取材・面談のお申し込みはこちら

 


(追記)中央大学杉並高校のサイトでもご紹介いただきました。

日経ストックリーグへの取り組みの様子(昨年度)