Bright!FRONTEO Official Blog

Bright!FRONTEO Official Blog

【9/15開催ウェビナー】近時の企業不祥事の調査と第三者委員会~「第三者委員会」はその役割を終えたのか?~

【アンダーソン・毛利・友常法律事務所 / FRONTEO共催オンラインセミナー】

2010年に日弁連が「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」を公表して以降、大型の企業不祥事で第三者委員会を設置して調査する実務が定着したものの、近時の企業不祥事の調査では「特別調査委員会」など他の形態の調査委員会が設置されるケースが多く、第三者委員会が設置されるケースが減少傾向にあると思われます。また、第三者委員会については、活動内容がブラックボックス化している一方で請求が高額、調査委員が経営陣から真に独立しているのか疑問、調査スコープが狭すぎて実態解明に至っていないのではないかといった問題点も指摘されているところです。

こうした状況を踏まえ、本Webinarでは、第三者委員会の歴史や現状、さらには、当局や証券取引所、監査法人の第三者委員会に対するスタンスを解説するとともに、今後の第三者委員会実務を展望します。

 

【開催概要】

◆タイトル:近時の企業不祥事の調査と第三者委員会~「第三者委員会」はその役割を終えたのか?~
◆日時:2022年9月15日(木)15:00 ~ 16:00
◆形式:無料Webセミナー
◆利用ツール:Zoom Webinar
 
セミナーの詳細はこちら
 

◆登壇者:
amt_三宅先生.jpg三宅 英貴
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 外国法共同事業 パートナー
 
検事、証券取引等監視委員会、大手監査法人のフォレンジック部門での実務経験を有し、会計不正、インサイダー取引、資産横領、贈収賄、情報漏えい等のホワイトカラークライムや各種不正の調査業務及び刑事・行政当局対応を専門分野としています。特に上場会社の会計不正の調査に従事することが多く、第三者委員会の委員・補助者としての経験も豊富です。
The Legal 500 Asia Pacificの「Risk management and investigations」部門のLeading individualとして2021と2022年に連続して選出されるとともに、2020年11月週刊東洋経済-「依頼したい弁護士」分野別25人にコンプライアンス・第三者委員会の分野で選出されております。
 
 
◆事務所紹介:

アンダーソン・毛利・友常法律事務所は、我が国を代表する総合法律事務所として、国際・国内企業法務の分野において、幅広く質の高い総合的なリーガル・サービスを機動的に提供し、多種多様な依頼者が直面するあらゆる法律問題や複雑な分野横断的案件に対して、依頼者のニーズに迅速かつ的確に対応しております。現在、M&A、ファイナンス、キャピタル・マーケッツ、事業再生・倒産、訴訟・仲裁をはじめ、企業活動に関連するほぼすべての専門分野に、豊富な実績を有するバイリンガルの弁護士が数多く所属しており、その拠点網は、国内では東京のほか大阪および名古屋に、また、海外では北京、上海、香港、シンガポール、ホーチミン、バンコク、ジャカルタ等のアジア諸国にも及び、海外ビジネスを拡大する国内外の依頼者の需要に応えております。

同じカテゴリの記事

よく見られている記事

ja 日本語
Machine Translation by Google. : close x