製薬業界における米国知財最新事情 ~医薬品特許実務とハッチ・ワックスマン法関連訴訟の最近の動向~ <大阪開催>

Sughrue Mion PLLC / 株式会社FRONTEO 共催

開催日
  • 06.30
開催決定!!

OSAKA

Seminar

2017

日時

2017年06月30日(金)9:00 ~ 18:00 (8:30 受付開始)

会場

第二吉本ビルディング貸会議室 C会議室

定員 30名
受講料 無料
対象 製薬業界の知財、法務、コンプライアンス部門、 国際訴訟ご担当者様 他

タイムテーブル・講演内容

お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

9:00 ~ 10:30 判例で見る医薬品訴訟の不明瞭性と特許適格性を認める対象の再検討
    シュグルー・マイアン法律事務所 ワシントンDCオフィス パートナー
       Chid Iyer弁護士
10:30 ~ 12:00 医薬品に関連する連邦巡回控訴裁判所の判決の最近の動向と判決内容
    シュグルー・マイアン法律事務所 ワシントンDCオフィス パートナー
       Michael Dzwonczyk弁護士
12:00 ~ 13:00 休憩
13:00 ~ 13:30 FROTEO
13:30 ~ 15:00 創薬戦略から、ハッチ・ワックスマン法関連訴訟、上市に至るまでの戦略
    シプラ株式会社(CIPLA, Inc.) 知財グローバル長
       Sumesh Reddy博士
15:00 ~ 15:10 休憩
15:10 ~ 16:40 米国におけるバイオ氏ミラーの特許審査実務の最新事情
    シュグルー・マイアン法律事務所 ワシントンDCオフィス パートナー
       Travis Ribar弁護士
16:40 ~ 18:00 米国の医薬品関連法に規定されたさまざまな保護期間とそれらの失効条項
    シュグルー・マイアン法律事務所 ワシントンDCオフィス パートナー
       Chid Iyer弁護士
       Michael Dzwonczyk弁護士

※ 逐次通訳付き
※ 昼食付き

講演概要

本ワークショップでは50年以上に渡り米国知的財産法を専門に扱うトップ法律事務所のひとつであるシュグルー・
マイアンより、ファーマ訴訟グループのメンバーをはじめとする弁護士と、インド ムンバイに本社を置く製薬会社、シプラより知財部門グローバルのトップをお迎えし、
 ●(米国特許法)112条に規定される不明瞭性、また101条に規定される特許可能主題に
  もとづく、医薬関連特許の課題
 ●巡回区控訴裁判所の医薬品に関連した最近の動向と判決
 ●パラグラフIV(ハッチ・ワックスマン法)案件で成功を収めるための企業の備え―社内的観点から
 ●米国のバイオシミラーの実践に関する最新情報
 ●医薬品が享受できる様々な市場独占権と関連する失権規定
などについて講演いただきます。
 
講演は英語で行われ、逐次通訳がございます。
また、昼食休憩にはランチをご用意しております。
 
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加くださいませ。

スピーカー紹介

シュグルー・マイアン法律事務所(Sughrue Mion, PLLC)

シュグルー・マイアン法律事務所は、 50年にわたり、知的財産の取得、維持、活用の分野において顧客に戦略的な
カウンセリングを提供することによって知的活動の世界を保護してきました。 訴訟が不可避となった場合でも、
シュグルーの経験豊富な弁護士が勝ち取る成果が、クライアントのビジネス目標のさらなる向上に役立っています。シュグルーの弁護士は、米国国際貿易委員会で高い専門性を発揮し、米国特許商標庁、連邦裁判所、州裁判所、米国控訴裁判所でのあらゆる審判、審理について豊富な経験を有しています。シュグルーは、知的財産法分野のトップ法律事務所として広く認知されており、世界中の他のどの法律事務所よりも多くの米国特許を取得しており、年間米国特許および商標発行数では、常に米国の上位法律事務所に名を連ねています。

  • ワシントンDCオフィス パートナー Chid Iyer弁護士

    Chid Iyer弁護士は、20年近くにわたってさまざまな国の製薬企業の代理人を務めてきた経験を有しています。彼の業務は、訴訟、法務面の助言、ビジネス戦略、出願など、IPのあらゆる内容におよんでいます。また、30件以上の事件でジェネリック医薬品会社の代理人として、地方裁判所で訴訟に当たり、それら事件において特に、訴訟戦略の策定、顧客との連絡調整、訴訟前活動、和解交渉、ならびに訴訟および審決支援を担当しました。彼は特許商標庁への付与後異議申立て手続でも幅広い経験を有しています。

  • ワシントンDCオフィス パートナー Michael Dzwonczyk弁護士

    Michael Dzwonczyk弁護士は、ハッチ・ワックスマン法関連事件の事実審および控訴審で製薬企業の代理人を25年以上務めた経験を有しています。彼は、Nexium®、Livalo® Effient®、Torisel®、Taxotere®、Namenda®、Primaxin®などの医薬品に関係した訴訟において主任弁護士としてクライアントに有利な成果を上げてきました。また、医薬品特許訴訟のあらゆる面について幅広く執筆・講演活動を行っており、ジョージ・ワシントン大学ナショナル・ロー・センターの准教授も務めています。現在は、Naples Roundtableの理事を務めており、また、FCBA理事、AIPLA Chemical Practice Committee(米国知的財産権法協会化学分野特許実務委員会)の議長を歴任しています。

  • ワシントンDCオフィス パートナー Travis Ribar弁護士

    Travis Ribar弁護士は米国特許商標庁の元特許審査官であり、自身の経歴を活かして、特許取得と特許権行使のあらゆる面で薬品・医薬品分野の顧客を支援しています。現在は、再審査手続きと当事者系再審査手続きの両方において、特許審判部(PTAB)では代理人を務め、数多くの事件で弁論を行ってきた経験を有しています。また、特許出願中のクライアントへの助言、特許商標庁の審査段階にあるクライアントへの助言なども行っています。

シプラ株式会社(CIPLA, Inc.)

  • 知財グローバル長 Sumesh Reddy博士

    Sumesh Reddy博士は、ムンバイに本拠を置く多国籍インド製薬会社Cipla Ltd.で、現在知的財産権部門でグローバルのトップを務めています。2015年に入社しましたが、入社前はMylan社のシニアバイスプレジデントを務め、同社の核となるグローバルパテントグループのメンバーとして、IP関連のすべての戦略的意思決定全般の責任者を務めていました。また、2002年から2012年までは、Dr. Reddy's Laboratoriesのシニアディレクターを務め、2000年代初頭からハッチ・ワックスマン法関連訴訟に携わってきた実績を有しています。また、彼は2001年以来、ハイデラバード初のマネジメント・スクールである名門のインド商科大学院(ISB)と、インドの有力法科大学のひとつであるNALSAR法科大学で客員教授を務めているだけでなく、インド内外のさまざまな会議で、特許法、特に米国特許法について講演を行っています。Reddy博士は、デリー大学法学部を卒業し、オスマニア大学法学修士課程を修了し、NALSAR法科大学で特許法の博士号を取得しています。

株式会社 FRONTEO

株式会社FRONTEOは、国際的カルテル、知財訴訟、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査、PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうデジタルフォレンジック調査サービスを提供する、行動情報データ解析企業。アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。

お申し込み方法

ホームページからのお申し込み

お申込み受付終了後、
受講票はEメールにて、連絡ご担当者宛にお送りいたします。

  • 同業他社と判断した場合は、受付をお断りする場合がございます。予めご了承ください。
  • お申し込み、お問い合わせにあたり、ご提供いただきました個人情報は、本セミナーの共催企業・団体ならびに当社グループ企業に対して提供することがございます。また、今後の当社ならびに当社グループ企業からセミナーの情報をご案内することがございます。ご提供いただいた個人情報の取り扱いには最大限の注意を払うとともに、厳重に管理いたします。これらの情報提供を希望されない場合には、その旨お申し出ください。
  • FRONTEOへ以前より情報をご提供頂いている場合、今回ご提供頂いた情報を最新の情報としてデータを上書きさせて頂きます。
  • FRONTEOの「個人情報の取り扱い」については、こちら別ウィンドウで開きますをご覧ください。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社FRONTEOセミナー事務局

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

FAXでのお問い合わせ

03-5463-7578

過去のセミナーはこちら