2時間で学ぶ米国訴訟の基礎から実践まで ~ 米国訴訟の基礎、ディスカバリシミュレーション、 文書・データ管理と秘匿特権 ~

のぞみ総合法律事務所 / 株式会社FRONTEO 共催

開催日
  • 05.24

TOKYO

Seminar

2019

ご来場誠にありがとうございました。

当日の様子

日時

2019年05月24日(金)15:00 ~ 17:00 (受付開始14:30)

会場

品川インターシティ貸会議室 H棟 地下1階 会議室 1+2

定員 80名
受講料 無料
対象 法務、知財、コンプライアンス部門、 国際訴訟ご担当者、社内弁護士 他

タイムテーブル・講演内容

お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

15:00 ~ 15:30
1 米国民事訴訟の基礎
(のぞみ総合法律事務所パートナー 結城 大輔 弁護士)
 (1)米国訴訟の特徴
    巨額賠償のリスク:懲罰賠償、陪審、クラスアクション
 (2)ディスカバリの基本
 (3)日本企業にとっての米国訴訟
15:30 ~ 16:00

2 ディスカバリの実務とリスク ~対応のポイント~
(株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部 伊東 優衣)
 (1)ベンダーから見たディスカバリの実務
   こんな書面が実際に訴訟に出る
   こんなにコストがかかる
 (2)ディスカバリ・シミュレーションの紹介

16:00 ~ 16:15 コーヒーブレイク
16:15 ~ 16:45
3 文書・データ管理と秘匿特権
(のぞみ総合法律事務所パートナー 結城 大輔 弁護士)
 (1)ドキュメント・マネジメント・ポリシーの重要性
 (2)日本企業にとっての文書・メール管理の落とし穴
 (3)秘匿特権の活用と実務上よくある疑問点 
 (4)周知・研修
16:45 ~ 17:00 4 Q&A

講演概要

グローバルにビジネスを展開する企業にとって、特許侵害や独占禁止法違反、海外贈賄、PL等の問題で米国訴訟に巻き込まれ、多額の賠償金や裁判費用を負担することは決して他人事ではありません。本セミナーでは米国訴訟の基礎から実践まで、平時の訴訟対策を米国弁護士・公認不正検査士資格も持つのぞみ総合法律事務所パートナー結城大輔弁護士にご説明いただきます。特に、ディスカバリシミュレーションで、実際に開示を余儀なくされる社内文書やメールの実態を踏まえ、日本企業としての文書・メールの作成方法などに迫ります。
 
皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。

スピーカー紹介

のぞみ総合法律事務所

弁護士30名強の中堅総合法律事務所。検察庁(特捜部)、金融庁・日本銀行・証券取引等監視委員会・公正取引委員会・消費者庁・地方自治体など、政府・当局等での執務経験を有する弁護士が多数所属する。
2018年には、米国ロサンゼルスオフィスを開設し、日米双方から、日本企業のグローバルビジネスをサポートしている。韓国その他世界各国のローファームと、その案件・クライアントに最適の連携を組んで対応している。

  • 結城 大輔 弁護士

    パートナー ニューヨーク州弁護士 公認不正検査士

    1995年司法試験合格、1996年東京大学法学部卒業後、1998年のぞみ総合法律事務所入所
    韓国・米国の法律事務所への出向経験を活かし、現在は、企業コンプライアンス、不祥事調査・対応、危機管理、内部通報、海外子会社管理、米国訴訟・当局捜査対応、韓国法務等を多く取り扱う。関連著書・論考・講演等多数。

株式会社 FRONTEO

株式会社FRONTEOは、国際的カルテル、海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査、知財訴訟、 PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうデジタルフォレンジック調査サービスを提供する、行動情報データ解析企業。アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社FRONTEOセミナー事務局

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

FAXでのお問い合わせ

03-5463-7578

過去のセミナーはこちら