米国特許侵害訴訟の最新動向 ~テキサス州東部地区、ディスカバリー、 その他近時の手続上の課題~ <東京開催>

Jones Day / 株式会社 FRONTEO 共催

開催日
  • 10.07

TOKYO

Seminar

2016

ご来場誠にありがとうございました。

当日の様子

日時

2016年10月07日(金)13:30~17:00 (13:00より受付開始)

会場

AP東京八重洲通り 12階 Room F+G

定員 100名
受講料 無料
対象 知財、法務、コンプライアンス部門、 国際訴訟ご担当者様 他

タイムテーブル・講演内容

お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

13:30~15:00 木材、綿花、家畜、石油、そして特許?!テキサス州東部地区における
特許訴訟のビッグビジネスと日本企業に与える影響について

   ジョーンズ・デイ ダラスオフィス パートナー
      キース・デイビス弁護士
15:00~15:10 休憩
15:10~15:40
eDiscovery対応における Technology Assisted Review (TAR) 
   株式会社FRONTEO
      白井 喜勝 執行役員 CCTO
15:40~16:15 合衆国法典 (U.S.C) 第28巻1782条 : 1782条とは何か、そしていかにして
米国において証拠を入手し、日本などの米国外の紛争で活用できるか

   ジョーンズ・デイ 東京オフィス パートナー
      浅地 正吾 外国法事務弁護士
16:15~16:50 ディスカバリーにおける2015年改正連邦民事訴訟規則の影響
   ジョーンズ・デイ 東京オフィス パートナー
      マックスウェル・フォックス 外国法事務弁護士
16:50~17:00 質疑応答
17:00~18:00

懇親会 (参加費無料)



※セミナー終了後17:00~18:00にて懇親会を開催いたします。ぜひご参加ください。
※一部英語での講演に通訳はございませんが、適宜弁護士による日本語での要約がございます。
※ニューヨーク州・カリフォルニア州のCLE単位の取得が可能です。



This program has been approved for 2.75 hours of general credit by the State Bar of California and 3.00 hours of areas of professional practice credit (including transitional credit) by the New York State CLE Board.  Jones Day is a State Bar of California MCLE approved provider, as well as an accredited provider in New York.  Application for CLE credit in other states will be made as needed.
このプログラムは、the State Bar of Californiaにより2.75時間分のgeneral creditとして認定され、また、the New York CLE Boardにより3.00時間分の professional practice credit (transitional creditを含む) として承認されます。 ジョーンズ・デイは、State Bar of California MCLE の認証された提供者であり、また、ニューヨークにおける認証提供者です。他の州及び国におけるCLE creditの申請は、必要に応じて行います。 

講演概要

本セミナーでは、米国特許訴訟について関心の高い3つのテーマを取り上げます。まず、特に特許不実施主体(いわゆるパテント・トロール)による米国特許訴訟において最も好まれて利用され続けている、テキサス州東部地区連邦地方裁判所の最新動向と日本企業への影響について、米国ダラスオフィスの弁護士とビデオ回線をつないで紹介します。次に、合衆国法典(U.S.C.)第28巻1782条について取り上げ、1782条に基づいて得られた証拠を日本企業がいかに有益に米国外での訴訟で活用できるかを検討します。最後に、ディスカバリーの効率化と負担軽減を意図した、2015年12月の改正連邦民事訴訟規則が、その後2016年に行われたディスカバリーにおいて、実際にどのように裁判所によって適用されてきたかを検証します。

スピーカー紹介

ジョーンズ・デイ

(東京オフィス:http://jonesday-tokyo.jp  http://www.jonesday.com/Tokyo)

ジョーンズ・デイは、世界44ケ所にオフィスを構え、2500名を越える弁護士を有する国際法律事務所です。世界有数の法律事務所の一つに数えられるとともに、クライアントサービスにおいても長年にわたりトップクラスにランクされています。ジョーンズ・デイの東京オフィスは、25年以上にわたり、予防法務から紛争解決まで、すべての業務分野、および業界においてクライアントを代理しています。ジョーンズ・デイはOne Firm Worldwide理念により、世界中のオフィスがまさに“One Firm” 一つの統合した法律事務所として機能している点も特徴のひとつです。

  • マックスウェル・フォックス Maxwell A.Fox

    マックスウェル・フォックス(Maxwell Fox)は、ジョーンズ・デイ東京オフィスのパートナーです。
    知的財産侵害訴訟、ライセンス、知的財産に関するアドバイス業務を主として手掛けており、電子機器メーカーからライフサイエンス関連企業といった幅広い業界のクライアントを代理しています。
    2006年に東京に移転してくる以前は、ロサンゼルスにおいて約10年間に渡り、米国のさまざまな訴訟案件や米国国際貿易委員会および連邦巡回区裁判所に関わる案件を取り扱ってきました。
    ビジネス上の不法行為、不正競争、契約違反、詐欺及びその他の商事関連紛争においてクライアントの代理人を務め、また、カルテル調査に絡む刑事・民事訴訟においてもクライアントの代理人を務めた経験があります。
    Email:  mfox@jonesday.com

  • 浅地 正吾

    浅地正吾は、ジョーンズ・デイ東京オフィスのパートナーです。
    米国ニューヨーク州の弁護士で、米国における知的財産分野を担当し、主に知的財産訴訟、パテント・アナリシスと鑑定書の作成、ライセンス交渉等に関するアドバイスを行っています。
    米国裁判所および米国国際貿易委員会での侵害訴訟、ならびに米国特許商標庁での行政手続、米国特許出願業務の経験あり、国際契約やビジネス関連紛争も手掛けています。
    機械工学部を卒業しており、日本企業の代理人として電子・コンピューター等さまざまな技術の米国特許侵害訴訟の経験が豊富にあり、更に、ハッチ・ワクスマン法に基づいたANDA訴訟の経験もあります。
    Email :sasaji@jonesday.com

  • キース・デイビス Keith B. Davis

    キース・デイビス(Keith Davis)は、ジョーンズ・デイ ダラスオフィスの知的財産部門パートナーです。
    主に特許および営業秘密訴訟を手掛けており、米国連邦裁判所やテキサス州裁判所にて、高い注目を集める事件について、原告や被告の代理人を頻繁に務めています。
    特許訴訟では、電気通信、携帯システム、スマートフォン、フラッシュメモリ、DRAMメモリ、ビデオ処理、データ分析、データベースシステム、暗号化、スマートメーター、セミコンダクターパッケージングおよびプロセッシングなど、多岐にわたるテクノロジー分野を代理しています。
    Email : kbdavis@jonesday.com

株式会社 FRONTEO

株式会社FRONTEOは、国際的カルテル調査や連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査、知財訴訟、PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供する、行動情報データ解析企業。アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。

  • 白井 喜勝 執行役員 CCTO

    2007年株式会社FRONTEO入社。企業のコンプライアンス支援としてコンピュータフォレンジックを活用した機密情報漏えいや不正会計などの内部犯罪調査・監査のためのソリューションを提供している。さらに米国などの訴訟時に必要な電子情報開示に関する支援(eディスカバリ)も業務として行っており、不正調査から訴訟支援まで広く情報リスクに関する企業防衛のための戦略予防法務支援サービスを提供している。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社FRONTEOセミナー事務局

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

FAXでのお問い合わせ

03-5463-7578

過去のセミナーはこちら