2020.10.14 メディア情報

- -

10/14付の日経産業新聞でFRONTEOの創薬支援AI技術が紹介されました

2020/10/14付の日経産業新聞(7面)の「マンスリー編集特集」で、FRONTEOが開発した創薬支援AI「Cascade Eye」が紹介されました。

 

「Cascade Eye」は疾患に関係する遺伝子や分子をパスウェイマップ状に表現するシステムで、創薬ターゲット(となる遺伝子)探索の効率化や、既存薬の転用の可能性の発見、バイオマーカーの同定などを実現します。