KIBIT人工知能「KIBIT」

あなたの「好み」を覚えた人工知能「KIBIT」が好きな本をおすすめ

私たちが、独自に開発した人工知能KIBIT(キビット)。その働きの1つに、テキスト(文字データ)を読んで、“人間に代わって、探したいものを見つける“ ことがあります。

では、KIBITは人々にどう役立つのか…?

例えば、あなたが新しく読む本を探す時、「たくさんあって、どれを選んでいいかわからない…」ということはありませんか?

そんな時、KIBITはあなたの代わりに、あなたが好きそうな本を探してくれます。

まず、KIBITに今まで読んだ本の中でおもしろいと思ったものをいくつか教えましょう。するとKIBITは、その本の「あらすじ」や「感想」をインターネットで探して読み、あなたが「おもしろい」と感じる要素や好みを判断基準として学びます。そして、その判断基準を元に、たくさんの本の情報の中から、あなたが気に入りそうな本をおすすめしてくれます。

KIBITがあなたの世界を広げます

さらにKIBITは、あなたが普段読んでいなかった意外なジャンルで「おもしろい!」と感じられる本をおすすめすることもできます。これまで西洋のファンタジーが好きだった人に、同じようなおもしろさを持つ、日本の神話や中国の歴史の物語をおすすめしたりします。

私が好きなのはこんな本! 「ファンタジーや謎解きとか不思議な世界が広がる」 「苦難を乗り越え、成長しながら、巨大な敵に立ち向かう!」 KIBITのおすすめ 「魔法の世界を舞台に、仲間達と悪い魔法使いと戦うお話はどうかな?」 「日本の神話や中国の歴史小説も、気にいるかもしれないよ!」

KIBITのおすすめによって、新しいきっかけが生まれ、読書の世界を広げることができます。

もちろん、KIBITは、本だけでなく、いろいろなジャンルで使うことができます。また、本を選んだ時の「好み」を元に音楽や映画を選んだり、レストランの「好み」を元に宿を選んだり、一人ひとりの「好み」をKIBITが覚えて、幅広くおすすめができます。

あなたの好み ・レストラン ・観光地 ・本 ・ホテル・旅館 ・映画 ・音楽

KIBITは、個人の好みを覚えておすすめするだけでなく、ビジネスや医療、法律、セキュリティ、教育などさまざまな専門分野でも役立てることができます。(詳しくはこちらをご覧ください)

人間の4,000倍の早さで、疲れ知らず

人間にとって、探しものをしている時間は、多くは単調で苦痛な時間です。疲れてくると探す精度も下がります。しかしKIBITはいくら働いても疲れない。しかもなんと人間の4,000倍のスピードで文章を読むことができます。この「速さ」と見つけたいものを探しだす「精度」がKIBITの特徴です。

KIBITが「探す時間」を短くしてくれた分、人間は、本や音楽や映画や旅を楽しむ時間、つまり「やりたかったこと」に充てることができるのです。

こんなふうに人工知能KIBITは、私たちの暮らしを豊かに楽しくしてくれるのです。