Bright!FRONTEO Official Blog

Bright!FRONTEO Official Blog

【1/12開催ウェビナー】米国における個人情報関連規制動向のポイント

【Skadden, Arps, Slate, Meagher & Flom LLP and Affiliates / FRONTEO共催オンラインセミナー】

米国において事業を展開、または他企業と協働する企業は、個人情報の収集、保存、使用、開示、処理に関して、州と連邦、両方のレベルにおいて多くの規制環境の変化を認識する必要があります。本ウェビナーでは、過去1年間に行われた様々な規制当局による強制措置、および米国における個人情報に関する法律や規制の変更について紹介します。カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)を改正するカリフォルニア州プライバシー権法(CPRA)の現状、CCPAに基づきカリフォルニア州が起こした初の強制措置、プライバシーとサイバーセキュリティの分野における連邦取引委員会(FTC)の規則制定と強制措置などの最新の関連トピックを含みます。
 
 

【開催概要】

◆日時:2023年1月12日(木)9:30 ~ 10:30
◆形式:無料Webセミナー
◆利用ツール:Zoom Webinar
◆言語:英語(本ウェビナーは、全てのパートを英語で開催いたします)
 
セミナーの詳細はこちら
 

◆登壇者:
 
 
ケン D. クマヤマ
Skadden, Arps, Slate, Meagher & Flom LLP and Affiliates

Daily Journal誌では、2022年のTop Cybersecurity Lawyerをはじめ、カリフォルニア州のTop Artificial Intelligence Lawyerとして数回表彰されています。また、「The Best Lawyers in America」にも選出されています。Livongo HealthのTeladoc Healthによる185億ドルの買収(2021年)、Intel CorporationによるMobileye, N.V.の153億ドルの買収(2018年)、Broadcom CorporationによるAvago Technologiesの370億ドルの買収(2016年)において、革新的な仕事をしたことが評価されカリフォルニア弁護士協会賞(CLAY賞)を受賞した取引チームの主要メンバーでもあります。

知的財産の収益化戦略、開発およびライセンス契約、共同開発契約、医薬品提携契約、特許およびその他の技術ライセンス契約、商標および著作権ライセンス契約、特許およびその他の知的財産資産の売却および買収など、知的財産の所有、保護、活用に関わるさまざまな技術・商取引でクライアントを代理しています。また、アドテクノロジー、フィンテック、デジタルヘルスなど幅広い業界のクライアントに対して、カリフォルニア州消費者プライバシー法、グラム・リーチ・ブライリー法、データ権、人工知能・機械学習などに関するサイバーセキュリティやプライバシー関連の相談も行っています。

取引業務に加えて、クマヤマ弁護士は特許および知的財産に関連する様々な案件の経験を有しており、事業化の自由、有効性および非侵害に関する意見の調査および提供、特許状況の分析および特許侵害リスクの評価、特許ポートフォリオの強度および侵害の評価、ならびに特許およびその他の戦略的知的財産問題に関する顧客へのカウンセリングを行っています。特許分析のソートリーダーであり、このトピックについて定期的に講演を行っています。また、特許取得やM&Aデューデリジェンスなどのテーマで定期的に講演を行っています。クマヤマ弁護士のpre-lawの研究、学術研究、職務経験には、数学、コンピュータプログラミング(C++、perl、FORTRANを含む)、科学の総合的な知識を必要とする、理論化学、地球物理学、バイオインフォマティクス、および Linux ネットワークのシステム管理が含まれておりました。日本語に堪能で、日本の法律事務所で弁護士として、また日本企業にて、あわせて4年以上勤務していました。特許の収益化やインターネットのプライバシー問題について執筆しており、eディスカバリーの動向や特許消尽などのテーマについて、日本語と英語で講演を行っています。

クマヤマ弁護士は、パロアルトの採用委員会の共同代表を務めています。

クマヤマ弁護士が関与した主な案件は以下のとおりです。

半導体
・Entegris, Inc.によるCMC Materials, Inc.の65億ドルでの買収(係争中)。
・Intel Corporationによる153 億ドルでの Mobileye, N.V. 買収、42 億ドルでの TPG Capital, L.P.とのスピンオフおよび合弁による独立系サイバーセキュリティ企業McAfeeの設立、Wind River子会社のTPG Capital, L.P.へのスピンオフ、Appleへのスマートフォン事業の大半を 10億ドルで売却、MaxLinear社へのホームゲートウェイのプラットフォーム部門の売却など、Intelのさまざまな買収案件
・Coherentが最初に発表したLumentumへの 57億ドルの売却に続き、MKS Instruments、II-VI、Lumentumからの競合買収提案にCoherentが対応し、3者による入札合戦の末に CoherentがII-VIに 71億ドルで売却した件
・NXP Semiconductors N.V.によるMarvell Technology Group Ltd.のWi-FiおよびBluetooth接続資産の17億6,000万ドルでの買収に貢献
・Broadcomの、Avago Technologies Ltd.への 370億ドルの売却、Renesas Electronics Corp. のワイヤレスモデム事業の1億6400万ドルの買収、BroadLight, Incの1億9500万ドルの買収、NetLogic Microsystems, Incの37億ドルの買収、Bay Dynamics, Incの買収を含む多数の取引、およびさまざまなインバウンドおよびアウトバウンドの技術ライセンス契約
・Xilinx, Inc.のAdvanced Micro Devices, Inc.による490億ドルでの買収
・Xperi CorporationのTiVo Corporationと30億ドルの対等合併、およびTessera Technologies, Inc.(現Xperi)によるDTS, Inc.の8億5,000万ドルでの買収。
・Western Digital CorporationによるUnisplendour Corporation Limitedとのデータストレージおよびソリューションのジョイントベンチャーについて、Western Digital社のデータセンターストレージシステムの中国におけるマーケティングおよび販売に関する契約を締結
・Advantest America, Inc.のPDF Solutions, Inc.との協業合意
・Cavium, Inc.によるQLogic Corp.の14億ドルでの買収とMarvell Technology Group Ltd.による60億ドルでの買収
・Cadence Design Systems Inc.によるJasper Design Automation, Inc.の1億7,000万ドルでの買収
テクノロジー/インターネット
・Activision Blizzard Inc.での、Microsoft Corporationによる750億ドルでの買収を保留中
・イーロン マスクによる 440億ドルでのTwitter, Inc.の買収
・Embracer Group ABによるDark Horse Media, LLCおよびMiddle-earth Enterprisesの買収
・Dell Technologies Inc.によるBoomiのFrancisco PartnersおよびTPGへの40億ドルの売却
・Scopely, Inc.によるGSN Games, Inc. の Game Show Network, LLCからの10億ドルでの買収
・Crystal Dynamics, Inc.、Eidos Interactive Corp.、およびIPカタログのEmbracer Group AB への3億ドルの売却において、Square Enix Holdings Co., Ltd.を代理
・Sabre Corporationがフライトおよび乗務員管理ソフトウェアソリューションのAirCentre一式を3億9250万ドルでCAE Inc.に売却
・Digital Colony Partners の関連会社による 143億ドルの買収や、2008年の金融危機以来最大のメディアおよびコミュニケーションを活用したバイアウトであるEQT Infrastructure IVファンドを含む、いくつかの問題で Zayo Group Holdings, Inc. を代理。また、特定の米国およびヨーロッパのデータセンター資産を含むzColoのDataBank Holdings, Ltd.への売却
・Netflix, Inc.によるAnimal Logic、The Roald Dahl Story Company Limited、Scanline VFXの買収
・Proofpoint社による123億ドルのThoma Bravo社への売却
・Honeywellによる、係争中のNew Mountain CapitalからのSparta Systemsの13億ドルでの買収
・Airbnb, Inc.によるHotelTonight, Inc.の買収
・DoorDashがSquareからCaviarを4.1億ドルで買収
・Silver Lake PartnersがGE Digital LLCから ServiceMax, Inc.の過半数株式を取得
・F5 Networks, Inc.によるShape Security, Inc.の10億ドルでの買収
・Didi Chuxing (Hangzhou Kuaizhi Technology Co., Ltd.) (中国)の戦略的ソフトウェアライセンス契約、およびUber Technologies Inc.からのUberChinaの買収において、Didi Chuxingは、Uber Technologies Inc.からUberChinaを買収。UberChinaの取引は、China Business Law Journalの2016 Deals of the Yearの1つに選ばれた。
・Bytedance Ltd.のMusical.lyおよびMoontonの買収、200億ドル超の未公開株融資など複数の案件
・Apex Technology Co, Ltd.による40億ドルでのLexmark International Inc.の買収
・Samsung Electronics Co., Ltd.によるモバイル決済会社LoopPay, Inc.の買収。
・XIO Group (香港) による McGraw Hill Financial, Inc.からのJD Power and Associates, Inc.の11億ドルの買収
・Carbonite による OpenTextへの14億5000 万ドルの売却および6億1850万ドルでのWebroot の買収
・Permira Fundsのポートフォリオ会社Renaissance LearningのHellman & Friedmanへの買収とその後の11億ドルの売却、Berkshire PartnersからのCurriculum Associatesへの多額の投資などのいくつかの取引
・NDS Group Ltd. とその所有者である Permira Funds and News Corp. による Cisco Systems, Inc. への 50 億ドルの売却。
ライフサイエンス
・Livongo Health による Teladoc への 185 億ドルの売却
・Stryker Corp.:
-Vocera Communications, Inc. を 30 億ドル で買収
-ライトメディカルグループを40億ドルで買収
・Alder BioPharmaceuticals Inc.がLundbeck社に最大19億5000万ドルで売却
・Array BioPharma, Inc.によるファイザーへの 114億ドルの売却
・Danaher Corporationの歯科用品部門を Envista Holdings Corporationという独立した上場企業に分離し、5億8900万ドルの新規株式公開を実施
・大塚製薬株式会社によるVisterra, Inc.の4 億3,000万ドルの買収
・ヘルスケアに特化したプライベートエクイティファンドであるAres Life Sciencesの、いくつかの買収候補
・Protalix BioTherapeutics社がゴーシェ病治療薬ElelysoをPfizer社に売却
・Aveva Drug Delivery Systemsの販売において、日東電工株式会社を代理
フィンテックと金融サービス
・Credit KarmaのIntuitによる81億ドルでの買収とその税務事業であるCredit Karma Taxを 5000万ドルでSquare, Inc.に売却

・LendingClub Corporationによる国立銀行の買収および銀行持株会社への移行に関連し同社を買収
・ZhongAn InternationalとSoftBank Vision Fundとのインシュアテック合弁事業
・PayPal Holdings, Inc.の複数の取引において、Honey Science Corporationの40億ドルでの買収、MercadoLibreへの7億5000万ドルの戦略的投資、Jetlore, Inc, HyperwalletおよびiZettleの買収を含む買収
・Visa Inc.の、アルゼンチンの大手カード・決済会社 Prisma Medios de Pago S.A. への出資および契約関係、ならびに提案されたが中止された、53億ドルでのPlaid Incによる買収
・JPMCのQuorumブロックチェーンプラットフォームのConsenSysへの売却、およびそれに関連する契約
・JD.com, Inc.の金融事業であるJD Financeの68.6%の株式のスピンオフ、およびCentral Groupとのタイにおける電子商取引のジョイントベンチャーに関する案件
・シティバンクの消費者金融事業およびクレジットカード事業を国際的なオークションを通じて以下の企業に売却:アルゼンチンのBanco Santander Rio S.A.、ブラジルのItaú Unibanco Holding S.A.、パナマとコスタリカのScotiabank、グアテマラのPromerica Financial Corporation、ニカラグアのBanco Ficohsa、エルサルバドルのTerra Group、コロンビアのBanco ColpatriaとBank of Nova Scotia
戦略的特許取引とカウンセリング
・ノキア株式会社にてAppleとのグローバル特許訴訟を20億ドルで和解させ、デバイスとサービス事業を72億ドルでMicrosoft Corporationに売却するなど、複数の取引
・Rockstar Consortium US LPからの9億ドルでの特許資産の買収、HGGC による5億5500万ドルでの買収、日本の特許ファンド IP Bridgeとの交渉など、複数の取引においてRPXの10社のライセンシーを含むシンジケートライセンス取引
・半導体上場企業において他の上場半導体企業とのポートフォリオ全体のクロスライセンス
・Internet of Thingsの消費者向け製品会社であるSteelcase社において、特許や技術のライセンス、取得、収益化を含む複数の取引
・特定の構造化事項およびULR特許ライセンス交換オファリングに関連するIPXI。
・MIPS Technologies, Inc.の特許を、防衛的な特許集積機関であるAllied Security Trustが設立した事業体に売却し、Imagination Technologies Group plcが総額4億5千万ドルで買収する際に、同時並行的に関与した。この買収は、フィナンシャル・タイムズ紙の「2013 U.S. Innovative Lawyers」レポートにおいて、Lawyers to the Innovators部門の上位案件に選出された。
データプライバシーとサイバーセキュリティカウンセリング
・カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)およびグラム・リーチ・ブライリー法(GLBA)のコンプライアンス・プログラムについて、さまざまな業界のクライアントを支援。これにはプライバシーポリシーや手順、個人情報の匿名化・非識別化、プライバシーバイデザイン、セキュリティバイデザイン、その他のベストプラクティスに関するアドバイスなどが含まる
・顧客やベンダーとの契約、機械学習の学習データセットに関連したデータ処理、データ共有、データ移転の規定および契約の起草、交渉、アドバイス。
・アドテック、ダイレクト マーケティング、オンライン行動ターゲティング広告に関連するクライアントへのアドバイス
・複雑なクロスボーダー企業取引に関するデータプライバシーとサイバーセキュリティの問題の評価とアドバイス

 

同じカテゴリの記事

よく見られている記事

ja 日本語
Machine Translation by Google. : close x