AI×自然言語

Identify Risks and Opportunities

news

NEWS

独自の2つの人口知能
       

独自の2つの人工知能

KIBIT(キビット)

「情報発見」を目的として開発された
少ない教師データで「人間の判断」をするAI
「KIBIT(キビット)」

Concept Encoder(コンセプトエンコーダー)

遺伝子発現情報などの数値データとの共解析も可能
医療ビッグデータの利活用を実現するAI
「Concept Encoder(コンセプトエンコーダー)」

ソリューション

自然言語解析のスペシャリスト集団が提供する
ソリューション

リーガルテック

リーガルテックAI

FRONTEOの創立以来の事業であるリーガルテックAI事業は、eディスカバリ(電子情報開示)支援とフォレンジック調査(デジタル鑑識)を2本の柱としています。平時のセキュリティ対策から、有事の際のデータの特定・保全・処理、ドキュメントレビュー、提出データ(報告書)の作成にいたるまでワンストップサービスを提供し、お客様の安全をサポートしています。

ビジネスインテリジェンス

ビジネスインテリジェンス

創業事業であるリーガルテックビジネスで培ったAI技術を活かして、人事、知財、法務、労務など、様々なビジネス分野の作業効率化に役立つソリューションを提供しています。メール・チャットの監査、特許調査・分析、ビジネスデータの分析、VoC(お客様の声)からの不満の予兆を捉えて顧客満足度向上につなげるなど、様々な分野で役立てられています。

ヘルスケア

ライフサイエンスAI

ライフサイエンスAI事業では、医療・介護の現場に存在する様々な構造化・非構造化データの横断的解析を行っています。
人工知能「Concept Encoder」により、従来の構造化データの分析だけでは見えてこなかった事象を発見することが可能となり、様々な可能性が誕生しています。

OSINT

OSINT

FRONTEOのOSINT研究では、自然言語処理技術と独自開発のAIで経済安全保障および組織・団体の戦略決定に寄与できるソリューションを開発しています。
組織・団体の戦略的思考決定に寄与できるソリューションを提供していきます。

   DETAIL
導入企業

BRIGHT! FRONTEO
OFFICIAL BLOG

2020.10.12

Amanogawa ライフサイエンス

東京大学大学院の学生を対象にオンライン講義を実施

2020年10月2日、東京大学大学院 新領域創成科学研究科の学生約50人を対象に、ライフサイエンスAI CTOの豊柴博義(とよしば ひろよし)が講義を行いました。本講義は、集中セミナー「研究開発の現場を知るーキャリアデザ…

2020.10.01

Concept Encoder ライフサイエンス

台日科学技術フォーラムにて代表の守本が講演

去る9月29日、当社代表の守本 正宏が、台湾日本関係協会科学技術交流委員会が主催する「台日科学技術フォーラム」にて、「感染症パンデミックにおけるAIによる既存薬再開発手法とインテリジェンス基盤について」というテーマで講演…

2020.09.29

kibit ビジネスソリューション

AIを用いた技術伝承についてリコージャパンWebセミナーで講演

2020年9月23日(水)、当社ビジネスソリューション第二本部の茶圓 佳秀(ちゃえん よしひで)が、「技術伝承をAIで」をテーマに、リコージャパン株式会社のWebセミナー「最新テクノロジーと現場の融合が生み出す変革 ~現…

2020.08.06

ai

当社のデータサイエンティストが『ビジネスデータサイエンスの教科書』の翻訳に協力いたしました

現在、すばる舎から発行されているマット・タディ著『ビジネスデータサイエンスの教科書』で、FRONTEOのデータサイエンティストである、カスタマーサクセス事業本部データ解析チームの井上毅郎と梅元裕一、行動情報科学研究所 研…