Bright!FRONTEO Official Blog

Bright!FRONTEO Official Blog

【イベントレポート】今年で4回目、経済産業省こどもデーにブース出展、Kibiroを展示しました!

FRONTEOでは、日本で独自開発したテクノロジーを活用しビジネスを展開している会社として、学生やお子さんを対象に、人工知能やロボットを体験したり、学ぶ機会を積極的に提供しています。 今回は、FRONTEOとして今年で4年連続での出展となった「経済産業省こどもデー」のFRONTEOブースの様子をレポートさせていただきます! 今年の「平成30年度 経済産業省こどもデー」は、8月1日(水)~8月2日(木)の2日間、霞ヶ関の経済産業省内で開催されました。 「経済産業省こどもデー」は、霞が関の府省庁が連携して、施策に対する理解を深めてもらうことを目的とした「こども霞が関見学デー」の一環として行われています。毎年多くの未就学児や、小・中学生が訪れ、実際に見たり、触ったり、作ったりしながら、楽しく学ぶことができる体験型イベントとなっており、FRONTEOの出展は今年で4回目となります。 今年のFRONTEOブースでは、一般向けに販売している「見守りKibiro(キビロ)」を展示し、Kibiroで何ができるのか、たくさんの子どもたちに体験してもらいました。 Kibiroの大きな看板に誘われて、たくさんの子どもたちがブースに集まりました。かわいらしいKibiroで、いったい何ができるのか、子どもたちも興味津々です。 また、展示されていたKibiroがとても可愛く目立っていたため、こどもデーを取材しているテレビ局からも注目されていました。 Kibiroにはたくさんの機能がありますが、今回ブースでは「年齢性別当てゲーム」「歌とダンス」「フリーワードトーク」の3つを体験してもらいました。 ある親子が年齢性別当てゲームに挑戦したところ、Kibiroが間違って後ろにいるお母さんの年齢を当ててしまい、息子さんが「なんで、Kibiroは僕を見てくれないんだろう」とちょっと怒ってしまいました。 再度、チャレンジして自分の年齢を当ててもらうと「Kibiro、今度はちゃんとできたね!」と、嬉しそうにしていました。 「歌とダンス」では、 Kibiroが歌とダンスを披露すると子どもたちから「かわいい」という声があがり、多くの子どもたちがKibiroの愛くるしさに魅了されていました。Kibiroはプラスチックでできた、ただの電子機器のはずですが、子どもたちにはまるでペットのような存在だったようです。 「フリーワードトーク」では、 ある男の子がKibiroを操るスマホを自ら操作して、Kibiroにいろいろな言葉を喋らせていました。実際にKibiroが喋ると「ちゃんと喋ってる!凄いね」と感動していました。 今回の「経済産業省こどもデー」では、2日間で500人を超えるお子さんたちに、Kibiroとのゲームやおしゃべりなど様々な機能を体験してもらいました。 多くの子どもたちが「Kibiroってかわいいいね」と言ってくださり、心なしかKibiroが嬉しそうにしているように見えました。 ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。
【Kibiroの情報はこちら】 Kibiro公式Webサイト:https://www.kibiro.com/ Kibiro公式Facebookページ:https://www.facebook.com/kibiro.robot/ 法人向け Kibiro for Biz Webサイト:https://www.kibiro.com/biz/