日本企業の新しい訴訟 / 仲裁戦略 ~初心者でもわかる(できる)米国訴訟におけるサード・パーティ活用法~

Quinn Emanuel Urquhart & Sullivan LLP / IMF Bentham / 株式会社FRONTEO 共催

開催日
  • 04.16

TOKYO

Seminar

2019

ご来場誠にありがとうございました。

当日の様子

日時

2019年04月16日(火)13:30~16:35 (13:00より受付開始)

会場

AP東京八重洲通り 13階 ルームA

定員 80名
受講料 無料
対象 法務、知的財産、国際訴訟ご担当者様 他

タイムテーブル・講演内容

お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

13:30 ~ 14:30

日本企業の新しい訴訟 / 仲裁戦略
 ~初心者でもわかる(できる)米国訴訟におけるサード・パーティ活用法~
   クイン・エマニュエル・アークハート・サリバン外国法事務弁護士事務所
     東京オフィス代表 / パートナー ライアン・ゴールドスティン 米国弁護士

14:30 ~ 15:00

ディスカバリ支援サービスとAIを活用した効率化とコスト削減
   株式会社FRONTEO
     リスクコンサルティング部 宇田川 千穂

15:00 ~ 15:15 コーヒーブレイク
15:15 ~ 16:35 紛争解決への資金提供
 ~リスク管理、コスト削減、紛争解決の収益化~
   IMFベンサム
     最高投資責任者(アジア) トム・グラスゴー 氏

※ ニューヨーク州・カリフォルニア州のCLE単位の取得が可能です
※ 英語講演には逐次通訳が付いています

講演概要

米国における訴訟/仲裁についてある程度の知識はあるものの、訴訟費用やその具体的な戦略についてはまだ自信がない。あるいは、何か負担の少ない方法で挑んでみたいという企業にとって、サードパーティを活用した訴訟/仲裁は比較的取り組みやすい戦略だと考えます。
 
今回は日本企業の訴訟を数多く手がけたライアン・ゴールドスティンが日本企業が攻守に備えるために知っておきたいサードパーティの利用法について分かりやすく日本語で報告します。
 
また、世界有数の訴訟資金提供ファンドであるIMFベンサムからは、アジアにおける最高投資責任者をつとめるトム・グラスゴーが法務予算や社内リソースへの負担を減らす、サードパーティによる訴訟/仲裁費用の基本概念とその使用方法についてご説明いたします。
 
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

スピーカー紹介

クイン・エマニュエル・アークハート・サリバン外国法事務弁護士事務所

ビジネス訴訟と仲裁を専門に扱うアメリカ最大の法律事務所、クイン・エマニュエル。世界最大市場のアメリカをはじめ、ドイツ、イギリスといったEU、ヨーロッパ各国、香港、オーストラリアなど、世界24ヶ所の重要拠点にオフィスを構え、800人を超える高い専門知識と豊富な実務経験を携えたトライアル・ローヤーが、広範囲にわたるビジネス訴訟と仲裁を担当しています。
各訴訟分野で高く評価されている東京オフィスの弁護士は日本語堪能です。世界四大陸に擁する24ヶ所の事務所は米国をはじめ、グローバルな訴訟戦略を携えています。さらに、ビジネス訴訟の多くの分野において、トップ5の法律事務所に位置づけられています。これらの評価や豊富なトライアル経験は、被告側代理人を務める際、よりよい和解や被告側勝訴の陪審判決を勝ち取るためのお役に立てるでしょう。クイン・エマニュエルは原告・被告双方の豊富な経験に基づき、ご依頼者・企業の皆様の利益を最優先し、パートナーシップを大切にしています。

  • 東京オフィス代表 / パートナー ライアン・ゴールドスティン 米国弁護士

    主要取り扱い業務は、特許や知的財産訴訟、反トラスト、クラスアクション、製造 物責任、犯罪捜査、名誉毀損、契約/詐欺紛争などの複雑なビジネス訴訟など多岐に渡る。また、約20のITC訴訟に関与、頻繁に ICC における国際仲裁にも携わる。日本企業の代理を務める際の独自のノウハウには定評があり、彼の流暢な日本語は日本企業から絶大な信頼を得、訴訟業務を円滑に遂行している。
     
    同志社大学では、非常勤講師として比較国際法を日本語で講義。他にも、東京大学法科大学院、早稲田大学法学部、早稲田大学法科大学院、慶応義塾大学法学部、慶応義塾大学法学部などに客員講師として招聘されている。
     
    また、訴訟業務に基づいた最新情報やアドバイスを日本経済新聞、産経新聞、日経ビジネス誌およびビジネス・ロー・ジャーナルの特集記事を含めラジオ番組等、50超の媒体に提供している。さらに、CNN のレギュラー・コメンテーターとして、米国の政治、経済、文化等に情報も提供。2018年には「交渉の武器」を上梓した。
     
    2015年、日本における活動により、世界有数の特許訴訟の専門家として IAM パテント1000 より選出された。また、チェンバース、リーガル 500(アジア太平洋圏域)には日本における知的財産訴訟、 紛争解決においてのけん引役と複数年にわたり示されている。

IMFベンサム

  • 最高投資責任者(アジア) トム・グラスゴー 氏

    シンガポールに拠点を置き、香港および他のアジアの管轄地域の投資活動および事業拡大を率いており、仲裁、訴訟、支払不能請求を含むアジア全域で資金提供されたケースの評価および管理を担当している。
     
    IMFベンサムに入る前は香港のアレン・アンド・オーヴェリー法律事務所でトップクラスの国際仲裁・国際紛争グループのシニアメンバーとして、複数の管轄地域に渡った、金融サービス・自動車・エネルギー生産・工業・建設を含むさまざまな分野の案件を扱っていた。
    アジアに移る前はニュージーランド屈指の法律事務所であるラッセル・マクビーで国内だけでなく多国籍企業の代理を担当していた。
     
    法律と国際関係の二重学位、ニュージーランドと香港の弁護士資格を持ち、国際紛争・訴訟資金・法務サービスの発展に強い関心を持っている。
     
    訴訟資金、訴訟および仲裁分野をテーマにしたセミナーでの登壇も多く、アジア全域の何十もの業界カンファレンスやイベントでスピーカーやパネリストとして活躍し、訴訟資金調達について多くの人の質問や要求に応えている。コメンテーターとしてのメディアへの出演や出版物も多数。

株式会社 FRONTEO

株式会社FRONTEOは、国際的カルテル調査や知財訴訟、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査、PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうデジタルフォレンジック調査サービスを提供する行動情報データ解析企業。
アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社FRONTEOセミナー事務局

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

FAXでのお問い合わせ

03-5463-7578

過去のセミナーはこちら