反トラスト法・米国訴訟 ~ 米国政府による刑事捜査、そして民事訴訟を解決するための実用的ガイド ~

BakerHostetler / 株式会社 FRONTEO 共催

開催日
  • 11.10
開催決定!!

TOKYO

Seminar

2017

日時

2017年11月10日(金)14:00~17:00 (13:30より受付開始)

会場

AP東京丸の内 Room A+B+C

定員 80名
受講料 無料
対象 法務部門、コンプライアンス部門、経営企画部門の担当者および弁護士

タイムテーブル・講演内容

お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

14:00~14:30

米国ディスカバリ実情
 ・ 米国ディスカバリ現場で何が起こっているのか
 ・ 罰金にも影響する提出文書・翻訳の質
 ・ 日本人が行なわない日本語ディスカバリの弊害
 ・ DOJの証人インタビューとは
 ・ 信頼できる弁護士とは
     SAS Associates代表、FRONTEO Japan Practice Groupアドバイザー
        サマーズ・アユミ

14:30~17:00
(途中15分
  休憩あり)

反トラスト法・米国訴訟
米国政府による刑事捜査・民事訴訟を解決するための実用的ガイド
 ・ 反トラスト捜査概況
 ・ Dawn Raid(米国における立入り検査)
 ・ 有事の企業側の初動反応が案件全体に与える影響
 ・ 平時に企業ができること & 準備不足により企業が受けるダメージ
 ・ カルテル捜査から派生する金銭的負担を最小限に
 ・ 政府捜査の開始後でも罰金を最小限に抑える方法
 ・ 司法妨害の嫌疑をかけられないために(Attorney-client privilegeの考え方)
 ・ 刑事捜査終了後は何が起きるのか?
 ・ 刑事 vs. 民事
 ・ リスクを最小限にするための民事訴訟への準備
 ・ クラスアクションについて
    -戦うべきとき、そうでないとき
    -クラスアクションの流れと一般的にかかる期間
    -和解金評価の方法
    -民事訴訟にかかる大まかな費用
    -エコノミストが民事訴訟で果たす役割とエコノミストが必要なケース
 ・ 民事訴訟におけるリスク
 ・ 米国弁護士の 『正しい選び方』
 ・ 正しいディスカバリを行なうために
 ・ トランプ政権下で変化する米国捜査方針
 ・ 今後の展望
 ・ Q&Aセッション 
      ベーカー・ホステトラー
          ジャック・フォナチアリ(Jack Fornaciari)弁護士

17:00~19:00 近隣にて懇親会(希望者のみ)

※同時通訳付き
※セミナー終了後、17:00~19:00まで近隣にて懇親会を開催いたします。ぜひご参加ください。
※ニューヨーク州・カリフォルニア州のCLE単位の取得が可能です。

講演概要

この数年、多くの日本企業が反トラスト法違反の嫌疑をかけられ米国政府による捜査対象となっています。この種の事案において企業の多くは司法取引により多額の罰金を支払うことで刑事事件を“終了”させてきました。そして刑事事件の後、現在は多くのクラスアクション事案が発生しています。企業は司法取引により『有罪』と認めたわけで、クラスアクション訴訟を避けることが難しい状況です。
昨年10月に開催したFRONTEOセミナーでは、全米主要弁護士事務所の中でも100年以上の歴史を誇るベーカー・ホステトラーから官民両方で豊富な経験を有するトップ弁護士をお招きし、<反トラスト法>制裁金を最低限に抑えるためのポイントやクラスアクション対応、<FCPA>米司法省によるパイロット・プログラム、従業員・役員の訴追など、効果的に防御を実現する為に、企業法務が知っておくべきことを解説しました。当該セミナーには参加者の皆様から多くの反響をいただき、特に、反トラスト法・訴訟を専門とするジャック・フォナチアリ先生の民事事案の対応について続編を求める声を多くいただきました。
このような皆様からのご要望にお応えするため、FRONTEOではジャック先生に再度ご登壇いただき、刑事事案の後のクラスアクション、民事訴訟において日本企業が知っておくべき事実をご説明いただきます。
是非この機会にご参加ください。

スピーカー紹介

ベーカー・ホステトラー

ベーカー・ホステトラーは1916年に開業、全米屈指の法律事務所の一つで全米主要14都市のオフィスに900名以上の弁護士が在籍し、エネルギー、メディア、製造、ヘルスケア、金融、保険、消費者製品やホスピタリティなどの業界の一流企業が直面する訴訟、紛争や政府当局捜査など、クライアントの競争力を脅かすリスクに対応し、クライアントが戦略的にビジネスを拡げていくためのサービスを提供しています。
ベーカー・ホステトラーは訴訟、ビジネス、雇用、知的財産、税務の5つの主要プラクティス・グループから形成され、それぞれのグループは反トラスト法、破産、ヘルスケア、エネルギー、M&A、商業訴訟、データ・プライバシーとセキュリティ、パテント訴訟、国際税法などの特化分野で、公民セクター双方で経験豊富な弁護士が様々な法務サービスを提供しています。 ベーカー・ホステトラーが最も大切に考えていることは、常に高いレベルのサービスをクライアントに提供し続けることです。クライアントにとって最善の解決策を導き、長期的な信頼関係を築く、そしてクライアントの要求には迅速に対応できる体制を整えることで、常に質の高い法務サービスを提供することを信念としています。

  • ジャック・ フォナチアリ弁護士 (Jack Fornaciari, Partner)

    複雑且つ大規模な商事訴訟事案、反トラスト事案、ホワイトカラー弁護に長年携わる経験豊かな弁護士。米司法省反トラスト局や連邦取引委員会 (FTC)、企業M&Aで多くの大型事案に携わり成功させてきた。反トラスト事案のみならず、RICO、詐欺、フリーズアウト合併、義務不履行、陰謀、郵便・通信詐欺などの事案で、数多くの企業の弁護人を務める。米国・EUにおけるカルテル事案でも多くの米国企業の弁護を行なっている。 
     
    また、日本企業の反トラスト事案では、大型事案で弁護人を務め、米司法省との交渉により事案を早期解決に導き、企業に課される罰金を最小限に抑えたほか、民事訴訟においても、早々に裁判所から棄却判断を勝ち取るなど、これまで多大な功績を残してきた“真の実力派弁護士”である。
     
    弁護士が選ぶ『Super Lawyer』に本年度も選ばれたほか、『Legal 500 United States』、『 Martindale-Hubbell 』等の弁護士評価機関において優秀弁護士として選出多数。

株式会社FRONTEO

株式会社FRONTEOは、国際的カルテル調査や知財訴訟に関連する調査、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)、 PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全、及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうデジタルフォレンジック調査サービスを提供する、行動情報データ解析企業です。
アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有しております。
 

お申し込み方法

ホームページからのお申し込み

お申込み受付終了後、
受講票はEメールにて、連絡ご担当者宛にお送りいたします。

  • 同業他社と判断した場合は、受付をお断りする場合がございます。予めご了承ください。
  • お申し込み、お問い合わせにあたり、ご提供いただきました個人情報は、本セミナーの共催企業・団体ならびに当社グループ企業に対して提供することがございます。また、今後の当社ならびに当社グループ企業からセミナーの情報をご案内することがございます。ご提供いただいた個人情報の取り扱いには最大限の注意を払うとともに、厳重に管理いたします。これらの情報提供を希望されない場合には、その旨お申し出ください。
  • FRONTEOへ以前より情報をご提供頂いている場合、今回ご提供頂いた情報を最新の情報としてデータを上書きさせて頂きます。
  • FRONTEOの「個人情報の取り扱い」については、こちら別ウィンドウで開きますをご覧ください。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社FRONTEOセミナー事務局

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

FAXでのお問い合わせ

03-5463-7578

過去のセミナーはこちら