CEOメッセージ

情報社会のフェアネスの実現に向けて

2018年、株式会社FRONTEOは創業15周年を迎えます。
ここまで成長することができましたのもひとえに、15年間の皆さまのご支援とご愛顧によるものと心より感謝申し上げます。

当社は2003年創業以来、「日本企業の誇りを守る」を理念としてリーガルテック分野で活動してまいりました。そしてリーガルテック分野から金融、知財、人事、医療分野へと様々なフィールドへ事業を拡大し、着実に実績を積み上げ、多くの皆さまのご支持をいただくことができました。

データ解析技術の未熟さにより訴訟に必要な情報が見つからず窮地に立たされる企業を守りたい、世界にあふれた医療情報から患者一人ひとりに合った情報を届けたい、そのような熱意が日々当社の人工知能技術とサービスを磨いています。

このような活動を通じ、当社が実現したい“Bright Value” とは、これまで培ったデータ解析のノウハウと高度な人工知能技術によって「記録に埋もれたリスクとチャンスを見逃さず、情報社会のフェアネスを実現する」ことであると改めて定義いたしました。
今後も我々の“Bright Value” の実現、必要な人に必要な情報が与えられる未来の実現に向け、高まる技術への期待と多様化する社会のニーズに応えてまいります。

引き続き、FRONTEOグループを宜しくお願い申し上げます。

株式会社FRONTEO
代表取締役社長
守本 正宏

トップの素顔PDFファイルが開きます Masahiro Morimoto
CEO and Chairman of the Board, FRONTEO, Inc.