2017.02.20 イベント 第八回 保安電子通信技術セミナー・展示会に出展しました

リーガルビジネス本部

FRONTEOは、2月15日(水)に東京国際フォーラムで開催された「第八回 保安電子通信技術セミナー・展示会」に出展いたしました。
banner.jpg
「保安電子通信技術セミナー・展示会」は、警察、消防、海上保安庁等の各機関の関係者をはじめ、関係各省庁、民間企業、大学等の関係者を幅広く対象とし、講演、展示会等を通じて、事故対策、犯罪捜査等に役立つ、情報分析等に関する最新技術をご紹介するイベントです。
 
当社はフォレンジック調査の第一人者として毎年出展し、展示ブースとセミナー講演にて最新の製品・サービスをご紹介させて頂いております。今年は昨年7月にUBICから「FRONTEO」へ変更してから初めての出展となりました。
lineup_IMG_0730.JPG展示ブースでは、独自開発の人工知能「KIBIT(キビット)」を搭載したデジタル・フォレンジックソフトウェア「Lit i View XAMINER」の他、当社が独自にローカライズの上ご提供している、世界20,000以上のデバイスプロファイルに対応したモバイル端末データ抽出・解析用ソフトウェア「MSAB Office」など、多数の製品をご紹介いたしました。
実際にフォレンジック調査をされている多くのご担当者の皆様にお立ち寄りいただき、デモをご体験いただきました。
info_booth_IMG_0765.JPG
今回は、昨年11月より法人向けと個人向けで本格的に販売を開始した、学んで答える小さなロボット「Kibiro(キビロ)」もブースに登場。
 
その愛くるしい容姿や仕草に目がいきがちですが、Kibiroの得意とするレコメンド機能(本のオススメ)は、長年当社が培ってきたデジタル・フォレンジックでの解析ノウハウが礎になっている事を、お客様に知っていただける良い機会となりました。
kibiro_IMG_0723.JPGkibiro2_IMG_0736.JPGまた、展示会場内に設けられた出展者セミナーコーナーでは、当社の行動情報科学研究所フォレンジック研究担当者が「Lit i View XAMINERによる複数拠点での解析ノウハウの共有化について」と題して講演。
お昼の時間帯にもかかわらず、多くのお客様にご聴講いただきました。
monma_seminar_IMG_0755.JPG当日FRONTEOブースにご来場いただきました皆様、ありがとうございました。ご紹介させていただいた製品、ソリューションは以下のWebサイトでご覧いただけます。
 
▼フォレンジックツール
http://www.fronteo.com/services/tools/
▼ソリューション
http://www.kibit-platform.com/solution/digital-forensics/